結局リベリーは残留(期待+希望) | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2009/02/14
結局リベリーは残留(期待+希望)

リベリーの移籍問題、いい選手はそういう話しが出てくるもの
ちっとも興味を持たれないのも寂しい、リベリーはどうするのか?

クリンスマン監督はただただ残留を望んでいる
オアシスかどうかはわからないが

ドイツのラジオに対し、リベリが違う場所で実力を試すよりも、バイエルンに残留した方が、より良いプレイヤーになれるとコメントしている。「バイエルンを出てレアル・マドリーへ行くつもりなら、それは間違いだ」「バイエルンはリベリーにとって、選手として成熟できる条件を完備した“オアシス”だ。スペインのクラブ事情はこことは全く違う」「レアル・マドリーやほかのクラブからのオファーがあることは、リベリーの実力を物語っている」「リベリーはこの先何年もバイエルンで活躍してくれるに違いない」(スポーツナビ)

キャプテン・ファン・ボメルは
バルサへ行くのはいいんじゃないみたいな感じ
おいおいちょっと待ってくれあんた出て行くかも知れないが
リベリーはあと2年はいてもらわなくてはいけない
ティモシュク加入でちょっとすねちゃっているのかもしれないが

「彼がバルセロナへ行きたがっているのかどうかは知らない。でも、そうだとしてもおかしなことはないだろう。フランクはベストだからね」「僕は、もしも彼がバルサに加入したら、ロナウジーニョと同じレベルまでいけると思う」「今はフランクとそのことについて話してはいない。でも、そうするだろうね」「僕は、彼が何の問題もなくバルサでプレーできると信じている。簡単に適応できるはずさ。彼にはクオリティーがあり、ハードワーカーでもある。走ることをなかなかやめないし、ボールを持てば、何をすべきかをわかっている」「チームメートへのアシストもできるし、自分でゴールを決めることもできる。彼はすでにビッグネームであることを示してきたんだよ」「そして僕は、グアルディオラ監督がリベリを気に入っていると思う。すでに昨夏、バルサが彼の獲得を目指そうとしたと思っているよ」(Goal)

レアル・マドリーへの移籍が噂されるバイエルン・ミュンヘンMFフランク・リベリについて、マドリーMFラッサナ・ディアラは好意的な見方をしているようだ。スペイン紙『アス』のなかで、L・ディアラは次のように話している。「どうしてダメなんだい?チームにとって、彼はすごい補強になる」「フランクはどこででもプレーできる。彼をマドリーに?いいだろうね」(Goal)

?彼は何を言っているの?ダメってバイエルンが嫌だよ
どこでも出来ることなんか知っている

ジダンまで担いで移籍工作をするレアル、ジダンも大切だがまずはミヤトビッチも辞めさす方が大事だろう

リベリには、ヨーロッパの多くのビッグクラブが関心を示している。そのうちの1つと言われているのがレアル・マドリーで、彼らは元フランス代表のジダン氏に移籍を説得するように頼んだとも噂されている。そして、バイエルンを率いるフランツ・ベッケンバウアー監査役長は9日、ドイツのラジオ『Premiere』のなかで、本当にリベリが移籍を望むのであれば、引き止めるのは難しいとの見解を示した。
「リベリが望むのなら、彼がマドリーへ行くことはできる」
「バイエルンは彼を引き止めるために全力を尽くすよ。しかし、彼は2011年までの契約を結んでいるが、その前に出て行くこともあるかもしれない」(Goal)

皇帝はリベリーをクライフとかと比較するほどかっているということ

ベッケンバウアーは、7日に放送されたテレビ番組に出演し、最近他チームへの移籍希望をほのめかしている同クラブのフランス人スター選手、フランク・リベリーに対して、「リベリーは扱いにくい選手になってしまった」と嘆いた「ペレやクライフのような歴史に残る偉大な選手は、決して扱いにくいタイプではなかった。わたしは彼らとともにプレーできたことを誇りに感じている。しかし、リベリーに腹を立てても仕方がない。われわれはリベリーに理解を示し、彼が『あこがれのクラブでプレーしている』という事実を証明してやらなければならない」(スポーツナビ)

皇帝が落胆したって結局本人の気持ちは残留だ
優秀な選手は誰でも欲しい、シティのカカのように
結局はマスコミが煽って煽ってという感じか
2011年まではバイエルンで

バイエルンのベッケンバウアー会長は、選手本人が移籍を望んだ場合、引き留めることは難しいと発言したが、リベリは、レアル・マドリー移籍の噂は「偽り」であり、マドリーに加わるつもりはないと、『Tuttomercatoweb』に明かしている。
「これまで、バイエルンからの移籍を考えたことはない。ミュンヘンでとても幸せだし、家族も、この街で快適に過ごせている」
「ファンはオレを愛してくれている。そのことは、オレにとって、最も重要な要因となる。クラブとは2011年まで契約があるし、それを尊重したいと思っている」
「レアル・マドリー?噂以上のことは何もない」(Goal)

リベリは『ビルト』紙に対し、2011年まで残留する意向を明かしている。
「バイエルンとは2011年まで契約があって、それを尊重したい。オレは偉大なクラブに在籍していて、ブンデスリーガでのプレーを本当に楽しんでいるよ。そして、ファンも残留を望んでくれている。それは無視することの出来ない要素だ」「これまでに、移籍したいと言ったことはない。クラブの助けになりたいし、チームが成長し、タイトルを獲得する姿を見たいと思っている」「バルセロナ、レアル・マドリー、チェルシー、マンチェスター・シティからのオファーを受け取った。ただ、クラブに移籍を強要するようなことはしていないと、強調しておきたい」(Yahooニュース)

あわせて読みたい