公開日:2009/02/14

フンメルス、ドルトムントに完全移籍

フンメルスの希望によって完全移籍ということ
戻ってきても今は難しいのでしょうがないか

FCバイエルンとボルシア・ドルトムントが金曜、マッツ・フンメルス(20)のBVB移籍で合意に達した。シーズン終了の2009年6月30日までドルトムントにレンタル移籍していたフンメルスが2009年7月1日からドルトムントへ完全移籍となる。株式会社FCバイエルン・ミュンヘン代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは「われわれは基本的にマッツ・フンメルスの成長にとても満足していた」とコメント、「しかしわれわれにはデミチェリス、ルシオ、ファン・ボイテンおよびブレーノら一流のセンターバックがいる。マッツがFCバイエルンのレギュラーとしてプレーするのはとても難しかっただろう。このためにわれわれはボルシア・ドルトムントに残留したいという選手の意向に従ったんだ。」(公式サイト)