すごいソフト | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2008/12/31
すごいソフト

練習メニューがパソコン上でアニメ映像化できる最新鋭のプロ監督用ソフト
なんだそれ?アニメにするとすごいのか?
このドイツのソフトを浦和レッズも導入するとのこと
これはバイエルン商売なのか?

浦和が練習メニューがパソコン上でアニメ映像化できる最新鋭のプロ監督用ソフトを導入することが27日、明らかになった。フィンケ新監督(60)下でコーチ入閣濃厚なオーストリアU-19(19歳以下)代表モラス雅輝コーチ(29)の提案で取り入れるもので、バイエルンなどドイツ主要クラブの監督らが使用する最先端技術となる。またドイツ語圏のプロ監督の練習内容も検索することが可能。来季V奪回の秘密兵器になるだけでなく、育成を含めた浦和コーチ陣のレベルアップにもつながりそうだ。
 ドイツ最先端の指導者サポート技術が、浦和の王座奪回を後押しする。日本にない独語ソフトだが、同国1部バイエルンのクリンスマン監督らが導入し、同国協会スポーツディレクターの元ドイツ代表ザマー氏も推薦する「優れモノ」だ。最大の看板機能は練習メニューをアニメーションで映像化できる部分にある。
 現代サッカーは戦術と比例し、練習メニューも複雑化している。日本代表でもオシム前監督時代、何色ものビブスを使った複雑な練習に代表選手が戸惑うシーンがあった。クラブ関係者は「書面や口頭で練習を説明しても分からない部分がある。映像で示せば監督の意図がコーチ、選手に一目瞭然(りょうぜん)で納得してもらえる」と解説。セットプレーでの位置取り、相手ボールを追い込む守備順番など細かい戦術も簡単に伝えられるという。
 また同ソフトにはドイツ語圏のプロ監督による練習内容が検索できる機能がある。各監督が残した練習がデータベース化され、同ソフトを通じてアクセスすればアニメや映像などで確認できる。同関係者は「オシム氏の練習もチェックできる」と説明する。欧州で主流の練習法を知ることができ、浦和に在籍する各年代の指導者のレベル向上も期待できる。
 既に同ソフトの導入を提案するモラス氏が浦和強化本部のパソコンにインストールしており、来季導入の準備は整っている。理論派のフィンケ新監督が繰り出す練習や戦術をいち早くコーチや選手らに浸透させるためにも、同ソフトの機能が役立ちそうだ。(日刊スポーツ)