12.05:vs ホッフェンハイム(H)2-1○ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2008/12/13
12.05:vs ホッフェンハイム(H)2-1○

3c3e2fd1.jpg■ゴール:
ラーム(60分)、トニ(90分)
■交代:
65:シュバインシュタイガー >>> ボロウスキー

まさかこの試合が首位攻防戦になるとは

バイエルンはデミチェリスを欠くだけで他はベストメンバーで挑んだ。
ホッフェンハイムが首位でバイエルンが2位だから挑戦者として。
人口135万人のミュンヘンと3200人の村の闘い。

ホッフェンハイムはソフト会社「SAP」の創業者ディトマール・ホップが
若い頃ここの選手だったがサッカーをあきらめSAPを創業
するとマイクロソフト、オラクルに次ぐすごい会社になってしまった
それで得た個人資産約1兆800億円をつぎ込んでいる
それから17年たちブンデスリーガに昇格、今までつぎ込んだ額250億円とのこと。
(ワールド・サッカーダイジェストのコラムから)

そんなある意味夢の闘いがどうなってしまうのか?
試合が始まると互角以上の試合になってしまった
こっちにはドイツ、フランス、イタリア、ブラジル、アルゼンチンの代表選手がいるのに。
リベリーは徹底的にマークされなかなかいい感じに行かない。

オッドも本当にこれでいいのか?
抜かれそうになってディフェンスしようとしたら芝に引っかかってこけ
ルシオの好セーブがなければ失点してたり
そんなボケが最近妙に面白く、ルシオの上がりをおもしろがっていた自分は
最近オッドのはらはらさせる、しかしオッド自体は気にしない呑気、陽気がひとつの楽しみ

レンシングがすごいパンチングでセーブしたりして結果引き分け、
となりそうなところロスタイムにトニがゴール
自分のパフォーマンスを忘れてしまったのか?
機関銃で撃つようなポーズ

バイエルン2位のまま
しかしホッフェンハイム、このまま順位をたもって
バイエルンが1位で2位で終了してもらって
来期のチャンピオンズリーグでバルサやレアル、チェルシーと戦ったら
国内の対決になったバイエルンとの差以上に
夢のある対決になるのでがんばってくれ