11.15:ボルシアMG(A)2-2△ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2008/11/20
11.15:ボルシアMG(A)2-2△

62692d3f.jpg■ゴール:
トニ(21分)、リベリー(65分)
■交代:
66分:ラーム >>> ソサ
66分:シュバインシュタイガー >>> ボロウスキー
80分:クローゼ >>> クロース

伝統の一戦、バイエルン vs ボルシアMGは
オランダ人キャプテン同士になった
スタメンはラームも復帰し久々にベストなメンバーで望める
試合はいつものようにメンバーの割には
そんなに強い印象も与えない展開
復帰のラームからトニがゴールを決め1-0
ずっとみているとなんか変な音が
加茂監督のくしゃみか?何もフォローせず
クリンスマン監督の表情も前みたいに
寂しげというか悲しげ顔から
普通の表情に戻ってきた感じがする

リベリーとぶつかって
まぶたを切ったレベルズ
シールが青くちょっと気味悪くなっている
しかしマリンという選手はすごいなあ
代表に入ったマリンというのは聞いたことがあったが初めて見る

リベリーがPKをとり自ら決め
5試合連続ゴール
今日もなかなか行けるかなと思っていたらなんと
残り20分で2得点されドローになってしまうこれはひどい
2点差でこの相手と思って
シュバインシュタイガー、ラーム、クローゼを外して
余裕をかました結果か?