9.30:vs リヨン(H)1-1△ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2008/10/02
9.30:vs リヨン(H)1-1△

f52dc0b7.jpg■ゴール:
ゼ・ロベルト(52分)
■交代:
81分:クローゼ >>> ボロウスキー

いよいよリヨン戦
リベリー復活、そしてブレーノが先発
リヨンは評判の悪い蛍光黄色のユニフォーム
5分の間にジュニーニョのFKが2回
本当に危ないボールを入れてくる
リベリーもオッドも素晴らしいボールを入れてチャンスをつくる
とにかくベンゼマにボールをさわらせない

リベリーが入ると本当に攻撃がダイナミックになる
開始10分でジュニーニョ3本目、すべてがいい場所に入る

25分怖いジュニーニョのFK、
なんとデミチェリスの頭に当たってゴール
良平さん曰く「ボールがぶれるから」タイミングがずれたとのこと
ここまでデミチェリスのすごさを語り合っていた良平さんと倉敷さんも呆然

ベンゼマにはシュバインシュタイガーがついてなかなか自由にさせない
そしてトニ、リベリー、クローゼがいい攻撃をみせる
リヨンもいい攻撃をみせる
両チームとも守備にやや問題があるということでもあるが

ゴヴが負傷でエデルソンが入る
ドイツ王者 vs フランス王者
ルシオ、ゼ・ロベルト、ブレーノ、ジュニーニョ、フレッヂ、エデルソン
と6人もブラジル人になってしまう

お互い攻撃的でおもしろかったが
その中でもやっぱりリベリーはすごい

後半開始
52分クローゼからのいいボールでゼ・ロベルトがヘッドで押し込み同点
ベンゼマも元気が出てきてディフェンスしているオッドを引きずってシュート
を打つ
しかしトニは決めれなすぎ

ルシオもあがるがブレーノもあがる
うちのブラジル人CBは上がりっぱ

フレッヂが交代なのになかなか出ないので
デミチェリスが出てけよって感じで押し出す
81分にリベリーアウトでボロウスキー
やはりリベリーは別格、まだまだ本調子ではないはずだが
それでも素晴らしい動きを数々みせる

結局ドロー
フィオレンティーナとブカレストはドローだったので
バイエルンがグループ首位
良平さんはなぜ交代のカードを切らないのか?
なぜ80分すぎまで動けなかったのかの怒り

ポドルスキーは入れるべきだった
後半は微妙な内容になってしまい
本当にクリンスマンで良かったのか?
という流れは強くなるような内容になってしまった