クリンスマン監督なので残留のポドルスキー | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2008/02/25
クリンスマン監督なので残留のポドルスキー

移籍の噂がずっとあったが
残留したポドルスキーだが
やはりクリンスマン監督就任が大きな理由だったようで
トニ、クローゼに割って入れるか

元ドイツ代表監督であるユルゲン・クリンスマンは、来季からバイエルンの指揮を執ることが決まっている。これが同チームに所属するFWルーカス・ポドルスキが残留する大きな要因となったようだ。
ルカ・トーニとミロスラフ・クローゼの加入により、バイエルンではポドルスキのポジションが失われた。このため、ユーロ2008出場を目指す同選手は、1月のレンタル移籍を希望していたようだ。しかし、来季からクリンスマン監督を迎えることが決まり、フロントはポドルスキの残留に動いたという。
バイエルンのウリ・ヘーネスGMは、「クリンスマンは自身のチームに彼を求めている。だから、冬の間に届いたオファーには応じなかった」と明かした。(Goal.com)

  • Category

  • キーワードで選ぶ

  • 検索はここから

    月別リスト