クリンスマン監督のコメント | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2008/01/14
クリンスマン監督のコメント

「私にとっては断ることのできない大きなチャンスだった。オファーを受けた瞬間にすぐ決めたよ。ミュンヘンは自宅のあるシュトゥットガルトから近いし、さらにバイエルンは野心的なプロジェクトを持っている。周囲の期待も非常に高い。だが、私は常に全力を尽くすよ」(Goal.com)

アメリカからの引越も決意、カリフォルニアに夏に別れるという

「バイエルンはドイツ最高のチームだ。そこの指揮官を務められるというのは特別な名誉だよ。私の哲学と方法で最高の結果を得たい。だが、補強はそれほど必要ないと思うね。すでにこのチームは非常に強く、優秀な若手が揃っているので、彼らとの仕事を楽しみにしているよ」(Goal.com)

やはり若手中心で行くのか?たしかに今若手のいい選手は揃っている

代表監督としての仕事とクラブの仕事を一緒にすることはできないですね。クラブでは各選手の成長により影響を与える立場にありますから。私は、人は人生のどの段階でも常に成長すると考えています。その為バイエルンの監督としては代表監督としてやってきたこととは少しばかり違うことを理解しています。W杯はすでに1年半前のことでもありますし、今は1年半前とは違うことをするつもりです。(公式サイト)

ドイツ代表監督として大成功を収めたクリンスマン、今回はさらに新しいやり方で魅せてくれるようだ

「クリンスマン?僕にとっては大したことじゃない。今シーズンいっぱいで引退するのだから。もう僕には関係のないことだ。ともかく、僕はクリンスマン監督の幸運を祈っている」(Goal.com)

とカーンは発言。クリンスマンとの入れ違いでバトルは無いか?