カーン、社交辞令でアジア監督 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2007/07/19
カーン、社交辞令でアジア監督

カーンの社交辞令もYahoo!のトップニュースになってしまう。
やはりダントツの知名度だ。
しかしやりたいと言っているわけではない、

『チャイナ・デイリー』紙に掲載されたインタビューの中で、バイエルンのGKカーンは中国で監督をやりたいという希望を語った。
危機的な状況に陥っている中国のサッカー界は、欧州サッカー界のスター選手の経験を取り込む可能性を探っている。その一人が39歳のオリバー・カーン。今シーズン終了後にバイエルン・ミュンヘンのGKとしてのプレーを終えるカーンは、その後中国で、あるいはアジアのどこかで監督を務めることになるかもしれない。
「アジアではGKを指導できるプロの監督が必要とされている。中国や韓国、日本には何人もの友人がいるし、そこに行けば喜んでもらえると思う。真剣に考えているところだ」とカーンは語った。(スポーツナビ)