トニとクローゼ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2007/04/29
トニとクローゼ

現地紙によるとバイエルン・Mは「移籍金1800万ユーロ(約29億円)、年俸500万ユーロ(約8億円)の5年間契約」のオファーを準備しており、トニ本人も移籍に前向きだと報じている。超大型FWトニ獲得を目論むクラブは多いが、ここに来てイタリア勢からは「今季の獲得を考えていたがFW陣事情は流動的なので・・・」(インテル会長モラッティ)、「我々のクラブでプレイしないことだけは確かだ」(ACミラン副会長ガリアーニ)と獲得を断念する声が上がっている。残る名門はユベントスのみだが、現在セリエBで激しいA昇格争いを展開しており、正式オファーには時間を要する。(欧州通信)

ヴィオラ側はシーズン終了までトーニの移籍問題を保留するように要請したが。
トーニ説得の要因となったのが、来季のCL出場と最高の年俸条件だ。おそらく、ユヴェントスやインテル、ミランがオファーした550万ユーロを上回る額となるだろう。そして、バイエルン移籍に向かった理由の1つが、“彼の”フィオレンティーナの直接のライバルとなるその他のイタリア勢を補強することに加担したくないという希望だ。(goal.com)

とある。あんまりトニに焦らすなよ。
そしてもう一人の大物クローゼはバイエルン側と会っていたことを謝罪。
両方来ないなんてことだけは無いように。
トニorクローゼ、マカーイ、ピサーロ、ポドルスキー
これだけいれば大丈夫だろう。
ピサーロにはいてもらおうよ。