公開日:2007/04/27

バイエルンの再出発

メーメット・ショル(現役引退)、ハサン・サリハミジッチ(ユベントス・トリノに移籍)とアリ・カリミの3選手の退団は決定している。ヤン・シュラウドラフ、ハミト・アルティントップとエルネスト・ソサが近いうちにバイエルンのユニホームを着ることになるだろう。しかしこれはまだメンバー改革の始まりだった。近々バイエルン・ファンにとってとても興奮するものになるだろう。
ヒッツフェルトは、FCバイエルンをトップにもっていくことを大きなモチベーションとしてみている。“幾らかの補強と新改革は私の心をそそる。”その事が成功することを彼は疑わない:“FCバイエルンはドイツ史上一番栄光のあるクラブで、確実に近年も栄光のあるクラブとして君臨するだろう。”

興奮する情報というのはなんなのか?
お金もある、やる気も出てきた
あとは興奮するメンバー獲得、クローゼか!