カーンの引き際 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2007/04/21
カーンの引き際

カーンはいったいどうするんだ。
何か辞めるとか辞めないとかハッキリしない。
レンシングの気持ちもよくわかる。
カーンがダメというわけではない、辞める気がないならあまりそういう風なことを言うなと、プロなんだから。

バイエルン(ドイツ)に所属する元ドイツ代表GKオリヴァー・カーンが、同クラブの若手GKミヒャエル・レンジンクと当面は守護神の役回りを「シェア」する気はないとコメントした。ロイター通信が報じている。
カーンは現地時間3日に行なわれたミラン(イタリア)とのチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグを出場停止により欠場。同選手に代わり欧州の大舞台に立ったのが控えGKレンジンクだった。この若手GKについて37歳のカーンは、「ミヒャエル(・レンジンク)にすばらしい才能があるのは間違いない。彼が活躍する時代がいずれ来るだろう」と現地テレビ局に対してコメント。22歳の後継者の能力を認めた。
しかし一方でカーンは、「自分は2008年までクラブとの契約が残っているし、自分がコンスタントに平均以上のパフォーマンスを見せられる限りは、何も議論することはないと思う」とも語っており、レンジンクと役割を分担する気はないとしている。
カーンはすでにバイエルンとの契約を2年延長して08年までとしているが、最近はそれ以降もクラブに残る可能性を示唆。レンジンクはこれを受け、カーンが08年以降もクラブに留まるようであれば、移籍したいと語っているという。(ISM)