11.22 vs スパルタク・モスクワ(A) 2-2 △ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2006/11/25
11.22 vs スパルタク・モスクワ(A) 2-2 △

5d803f99.jpg■ゴール:
ピサーロ(22分、39分)
■交代:
83分:サリハミジッチ >>> ショル

この試合の目標は勝って1位勝ち抜け。
しかしここはかなりのアウェイだった。
まず人工芝、マガトもこれには激怒してた模様。
そしてガラガラのスタジアム・・・と思ったがテレビからは見えなかったゴール裏はものすごい観客、このスタジアムは85000人も入るスタジアムだった。だからブーイングもすごい迫力だった。
この試合シュバインシュタイガーがトップ下。そして怪我あけルシオとラームは温存。
人工芝があったとしても第3GKで望むスパルタクには大丈夫じゃないか、なんて思っていたら素晴らしいFKで先制されてしまう。
しかし「活躍しなければ更新無し」のピサーロがレルからのクロスを後頭部あたりで決めてすぐに同点。
さらに4人ぐらいに囲まれながらミドルシュートでピサーロ2点目。マガト監督も大喜び、これで契約更新か。
CL無失点は破られたが逆転2-1で前半終了。

後半、スパルタク・モスクワの攻撃も結構厳しくカーンの好セーブなどでなんとかしのぐ。
やってもやっても流れは変わらずティトフがボールを持つとかなり嫌な空気が流れる。
マカーイも消えていたが2回マカーイの時間が来たが決められず。
そんな感じで流れが変わらずごちゃごちゃした中決められ同点。
あれだけ嫌な流れで負けなかっただけ良かったのか?