マガト監督にプエルトリコからオファー | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2006/08/09
マガト監督にプエルトリコからオファー

マガト監督にプエルトリコ代表監督就任へのオファーがあることがわかった。
契約はあと2年残っているマガト監督だが、父親がプエルトリコ生まれで、現在も同国に住んでいることもあり真剣に考慮中のようだ。すでにバイエルン側には自身にオファーがあったことと、真剣に考慮していることを伝えた模様。
オファーの内容としては、クラブとの契約が終わる2008年までは随時、その後2010年大会予選が始まる2008年かはら専任監督として就任するものと噂されている。(PA SPORT)

プエルトリコ・サッカー協会と協議の末、4週間以内に決断を下すことを明らかにした。だが、オファーを受けても同地に赴任する気はなく、バイエルンの監督を続けながら兼任アドバイザーとして、ドイツで活動することを考えているようだ。