いよいよバイエルン vs ACミラン | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2006/02/21
いよいよバイエルン vs ACミラン

いよいよこの豪華なカードが始まる。
個人的にはミランの優雅な攻撃、メンバーと対決する今のバイエルンは決して劣っていない。
カーンの欠場、もしくは出場しても負傷はしているだろう。レンシングの出場かもしれない。しかしシェフチェンコ、カカなどの攻撃はカーンであれ誰であれ止めるのは難しいのでしょうがないと言い聞かせよう。
そしてネスタがいるとはいえマルディーニがいなくなったDFの連携の乱れにマカーイがひょっこり現れてゴール、という場面が期待できるというか期待したい。
個人的に大好きなカカは今回ばかりはデミチェリスに徹底的につぶされるだろう。
そしてミランにはピルロがいるがこちらにもダイスラーがいる。
そして超攻撃DFルシオが今回も上がって行ってしまうのか?行ってこそルシオだ。
欠場選手はハーグリーヴスが手術で欠場する。そしてカーンも今だ微妙。スタメン発表時にわかる。
対してミランはマルディーニとカフーというDFのレギュラーメンバーが欠場。

マガト監督のコメント
「我々は最近の試合で素晴らしい試合をしてきた。これは、今迄で一番の出来と言って良い。」そしてこうも付け加えた。「それにこの試合はバイエルンファン以外のドイツのサッカーファンが我々を応援してくれていると思う。だから自信を持って戦う!」(公式サイト)

アンチェロッティ監督のコメント
「われわれがいい状態になくとも、ミランはつねに攻撃の手を緩めないだろう。このカードは双方ともにレベルの高い試合になる。ミランとバイエルン、お互いのプレー・クオリティの質が違っているとしてもね。主将マルディーニなしでフォーメーションを組むことは、経験や求心力の面で物足りなさを感じさせるかもしれない。カフーにしてもそうだ。だが、カラーゼやスタム、セルジーニョのことを信頼している。何より、カカーはバイエルンのような敵を困難に陥れる方法をよく知っている。もちろんピルロもね」。(Livedoorスポーツ)

あわせて読みたい