2.07 vs ヘルタ・ベルリン(A) 0-0 △ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2006/02/09
2.07 vs ヘルタ・ベルリン(A) 0-0 △

f8a4c113.jpg今日は5位のヘルタ・ベルリンを対決。
バイエルンのバスが遅れて試合開始も遅れる。バイエルン遅刻。
ピサーロはいつも元気、最初から元気いっぱい。
ルシオがアクロバティックなクリアをすればイスマエルだって負けてなくアクロバティックにクリア。
バラックが抜けて2人のDFに囲まれながらもループは惜しかった。
対してバステュルクも抜けてシュートもカーンがパンチではじき出す。
シュバインシュタイガーは前節の外しまくった借りを、ヘルタのボアテック18歳はアピールのためにがんがんミドルを打っていく。
ピッチの状態と滑る感じからヘディング多用、0-0。

後半交代は無し。
膝をぶつけて痛くて膝をいじっているピサーロに無情にもバラックはパス、しかし反射的なのか、身体が覚えているのだろうヘディングでちゃんとパスするピサーロはプロだ。
ラームは逆サイドまで行ってディフェンス、もう完調なのか。
パスを回してフリードリッヒがルシオ、イスマエルの2人をかわしてもそこにはカーンがいる。
ルシオは裏を取ってシュート・・も打てず頭を抱えるDF。
かなり押された感じの90分、マルセリーニョの鶏冠の堅さを知るためにヘディングをして欲しかった90分でもある。