2.04 vs レヴァークーゼン(H) 1-0 ○ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2006/02/06
2.04 vs レヴァークーゼン(H) 1-0 ○

c2f06d17.jpg■ ゴール:
バラック(36分)
■ 交代:
62分:サリハミジッチ >>> シュバインシュタイガー
82分:ゼ・ロベルト >>> ラーム
89分:サニョール >>> イェレミース

レヴァークーゼンは最初からかなり攻撃的。こっちはパスの出しどころがなかったりなかなか攻められない。FKからシュナイダーのヘッドはポストでセーフ。
ルシオの突破はファンが足に行きファンにイエローカード。場所はペナルティ近く。
ルシオのところに来ればやっぱり上がって行くが最後はカットされてしまった。今回は相当納得いかないのか両手のグローブを外すほど怒る。
そして36分サニョールのクロスを胸トラップからボレーでバラック、1-0。

後半メンバー交代無し。
いきなりカーンがボールを取り損ねてCKを取られたりする。
ファンがゼ・ロベルトに、アチルソンがサニョールに足に行く。かなりあれてきた。
バイエルンのペースになりレヴァークーゼンはスローインさえカットされてくる。
マカーイにパスが通りシュートもポストでかなり惜しかった。
途中から入ったフライヤーは凄くてゼ・ロベルトとイスマエル?を2人フェイントでかわすと2人が重なって倒れてしまった。
マカーイからのパスでどフリーでシュバインシュタイガーがシュートもブット。
ボローニンが2人に囲まれながらもシュートに行くがカーンがセーブ。しかしここでサニョールが足をやってしまい自分から交代を申し出る。
結局1-0で勝利。アリアンツアレーナの芝がだいぶがたがたで足が引っかかっていた。
決定機を3度決めきれなかったシュバインシュタイガーはやっちまった的にずっと苦笑い。マカーイが声をかけたりしていた。