ウリ・ヘーネスGMのインタビュー第2弾

ウリ・ヘーネスGMのインタビュー第2弾が掲載され興味深い質問も多く必読です。
バイエルンは好きか嫌いかに別れることについて
どのようにして仕事とプライベートの境をつけていますか?
2006年までバイエルンのマネージャーをやると思われてきましたが、2009年まで延長しました?
などぜひ公式サイトで全文読んでください

fcbayern.de バイエルンのことをどうでも良いという人はいません。みんな、バイエルンのことが好きかそれとも嫌いか、はっきりしています。それは、長い間バイエルンで仕事をしているあなたに対しても言えることだと思います。それについてはどう思いますか。
ヘーネス:皆がどう言おうと私は、どうも思いませんよ。私のことを知っている人に批判されるならもちろん、考えます。真剣にね。でも、もし私の知らない人が私のことを批判するなら、それは、私にとってどうでも良いことです。

fcbayern.de 例えば誰からの批判について、真剣に受け止めますか。
ヘーネス: そうですね、それは私の事を良く知っている、家族、親友、仕事仲間、ですね。私は、もし人が助言をくれて自分で良いと思えば仕事に生かして生きたいと日ごろから思っています。だから彼らからの批判は、助言として真摯に受け止められます。

fcbayern.de 例えば道端などでもそういった非難、助言などは受けることもありますか。
ヘーネス: もちろんありますよ。私の仕事について、バイエルンについて。それには私はとても感謝しています。

fcbayern.de でも時々、インタビューって嫌なものになるのではありませんか。
ヘーネス: そうですね、そういえるかもしれませんね。インタビューって言うのは時々尋問みたいですからね。放送で編集されて情報操作、全く意味が違うように作られてしまうこともありますし。ですから、以前、私は、編集をさせないようにしていました。でも、今ではそれも難しくなってしまいました。自由にしゃべれなくなってしまったのは、残念ですよね。
(公式サイト)

update: 2006年1月14日3:49 pm