シュツットガルト戦を控えて | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2005/12/03
シュツットガルト戦を控えて

ラームは古巣との対決について「バベル、マイスナー、ヘルト、シュトレーラーら今でも仲のいい選手はたくさんいるけれど、再会が1番楽しみなのは、やっぱりヒルデブラント」と旧友との再会を楽しみにしている様子。
一方のヒルデブラントは「ラームとの再会は楽しみ。大きなけがからカムバックした彼のことは心から喜んでいる」
としながらも、「ファンにホームで勝利をプレゼントしてもいいころだ。口だけでなく実行に移さなくては」とコメント。
「前半ラスト5試合で勝ち点10」というフロントからの課題にもかかわらず、最初の2試合で勝ち点2しか挙げることができず、残り3試合で勝ち点8、つまり3連勝するしかなくなってしまったシュツットガルトのトラパットーニ監督。
トラッパットーニ監督は「どの試合も重要なことには変わりないが、バイエルンとの一戦は自分にとっても選手達にとっても特別な試合だ。できることなら自分がピッチで走りたい」と、いてもたってもいられないのが手に取るように分かる一言を残している。
スポーツナビ
といろいろみどころのある対決があと1時間後に放送。