バラックの気持ち | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2005/11/19
バラックの気持ち

バラックが、『tz』紙のインタビューで「バイエルンの契約延長オファー取り下げは正当なことだし、すでに取り決めていたことだ。フロントが新しい選手獲得に乗り出すのも当然のこと」と、当然という見方を示した。
「バイエルン残留という結論を出そうとしたら、われわれはいつでも話し合いを持つことができる。フロントと自分の間には何の問題もない。今の段階ではまだ結論が出せていないだけのこと。バイエルンのオファーを断ったわけではない。バイエルン残留という結論はいつでも可能なのだ」と、バイエルン残留の可能性と、両者の関係に変わりがないことについても語っている。
先延ばしにしているのかについては、「ほかのクラブから話を聞く機会を持ちたいのだ。国外のクラブとは1月にならないと接触ができない以上、今の自分にはそういった機会が全くない。国外のクラブでプレーすることは、ここ5、6年ずっと夢だった。29歳の自分にとっては、これが最後のチャンスであり契約でもある。どこでキャリアを終えるかを決めるためには時間が必要なのだ。これだけちゅうちょしているのは、国外でプレーする夢を持っている自分にとっては、それだけ結論を出すのが難しいということだ」と、国外移籍の夢のために結論が出せないことを明らかにした。
金銭面では「金額については何の話もしていない。バイエルン残留という結果になって、もともとのオファーより金額が減ったとしても、それはそれで構わない。何度も言っているように、重要なのはお金ではない」
「バラックがこの先もバイエルンでプレーすることを想像することができる」(ヘーネス氏)とのコメントが出ている。
(スポナビ)
夢があるならしょうがない部分もあります。しかしぜひバラックにはバイエルンで欧州一を取る夢を取って欲しいと思います。