バラック交渉決裂

いよいよ公式サイトでも発表されました

ルンメニゲは 「私たちは4週間前、ミヒャエルが今日、クラブ側が提示したオファーを受けるのかどうかの決断を伝えるということで合意していました。しかし、ミヒャエルに話を聞いた結果、まだ結論を出せていないということでした」 と語り、また、クラブ側がこれを受け、バラックに対するオファーを正式に取り下げたことを明らかにした。これを聞いた株主総会の参加者からは拍手が沸き起こった。

ルンメニゲは 「これは必ずしも、ミヒャエル・バラックがFCバイエルンを去るということを意味しません」 と残留の可能性が残されていることを示唆したものの、同時に 「彼に代わる選手獲得のため、すぐに市場調査に入ります」 と明らかにした。

と言っていますがやはりレアルに行くのでしょうか?
代役探し、現在いる中ではダイスラー、ハーグリーヴスなんでしょうがやはり存在感という面では厳しいですね、かといって他の国のビッグネームがくるとはあまり考えられず。
まあハンブルガーにファン・デル・ファールトが来たように大物がくれば。

update: 2005年11月15日9:33 pm