11.02 vs ユベントス戦(A) 1-2 × | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2005/11/05
11.02 vs ユベントス戦(A) 1-2 ×

9586a12f.jpg■ ゴール:ダイスラー(66分)
■ 交代:
87分:デミチェリス >>> ショル
88分:マカーイ >>> ゲレーロ

ここで昨シーズンの2連敗を2連勝でリベンジできるのか?
こちらはいつものメンバー。
ユーベはブッフォンはいないもののロベルト・コヴァチが登場、そしてエメルソンとヴィエラの最強中盤、ネドベドではなくデルピエロが先発。まさに最強の闘いだがスタジアムはがらがら。ユーベのスタジアムはいつもがらがらなそうだがこのカードでもか。
まずはユーベのユニがよく似合うコヴァチがピサーロの後ろから行ってイエロー。
マカーイはこの試合でゴールを挙げられるか?しかしやはり決めきれない。中盤もしかしたら圧倒されるかもしれない、イブラヒモビッチに遊ばれたらどうしようという懸念は私のまったく意味のない不安であった。
まさにカペッロ監督が言っていた「岩」の防御、中盤も対等以上に闘い、ドリブル大好きルシオはユーベの盤石の中盤をまさに大波をくぐっていくように突進しゴール前まで行くガッツ。
この試合何が決定的だったかと言えばFWでマカーイがスランプの今、ユーベはキープできるイブラヒモビッチ、2得点を入れるキレがあったトレセゲだっただろう。
イブラヒモビッチのキープでネドベドにパス、しかしペナルティエリアで倒してしまいやばいPKとおもったらそのこぼれたボールをトレセゲが入れ0-1。
5分後超ロングのFKをダイスラーが炸裂し1-1。
まあドローで終わりかと思ってたところでトレセゲが胸トラップからボレーで2点目。
試合的にはバイエルンの方がよかったのになあ。