チャンピオンズリーグから追放の危機 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2005/10/08
チャンピオンズリーグから追放の危機

バイエルンは間もなくUEFAから厳しい裁定が下される可能性がある。
最悪の場合、チャンピオンズリーグからの追放もあり得る。
9月27日に行われたチャンピオンズリーグ第2節のブルージュ戦で「アリアンツ・アレーナ」のスポンサー名を隠すことを拒否したというのがその理由だ。
問題のスポンサー名はスタジアムの外側に掲示されているが、チャンピオンズリーグの規定では大会の公式スポンサー以外の名前を出すことは認められていない。
バイエルンは2003/04シーズンにも同じ理由で罰せられたことがあり、約685万円の罰金を科されたが、その後約233万円に軽減された。今回は勝ち点の没収や場合によってはチャンピオンズリーグからの追放など、厳しい処分が下される可能性もある。(スポーツナビから)
いくら試合の外で話題が出てくるバイエルンもこれはちょっとまずいか?
CL追放は絶対免れたい。