09.17 vs ハノーバー戦(H) 1-0 ○ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2005/09/23
09.17 vs ハノーバー戦(H) 1-0 ○

0917
■ ゴール
9分:デミチェリス
■ 交代
46分:ハーグリーヴス >>> シュバインシュタイガー
70分:カリミ >>> ショル
75分:ダイスラー >>> サリハミジッチ

連勝につぐ連勝で記録がかかる、バラックの欠場、ハシェミアンとの対決。
スターウォーズのテーマ曲で威風堂々と入場。
ハノーバーはカウンターでもなくパスもつなげず手も足も出ないという感じ。
9分、サニョールの美しいFKにデミチェリスのダイナミックなヘディングで1-0。
ハノーバーはパスがつながってもおびえている感じであまり攻めてこない。
ハーグリーヴスも余裕のサイドチェンジも本当にぴたっとつながる。
カリミはバラックの位置であまり目立ってなかったがボールを持ってターンしてパスの素晴らしくキレのある動きがものすごい。
今日もルシオは走る、今日の方向はサイド際のテレビカメラで突っ込んでくるルシオの迫力画面、飛び出すテレビ。
ゲレーロは4人に囲まれてもシュートまで持っていく。

後半、ハーグリーヴスからシュバインシュタイガーに交代なんとシュバインシュタイガーはそのまま左サイドに入る。まさにバイエルンは2つぐらいのポジションをこなせなくてはいけない。
ハノーバーのヘディングが入りカーンが防ぐがポストと激突し屈強なカーンもかなり脇腹を痛める。
ハノーバーは細かくパスをつないでも最後であっさりと取られる。
DFのメルテザッカーがたまらず1人でドリブル、しかしルシオほど豪快ではないので取られてしまう。
ハシェミアンは何も出来ず交代。
シュバインシュタイガーもがんばって守備をし丁寧すぎるヘディングでクリア。
カリミからショルに交代、交代早々ショルのFKはあっさり壁。
最後の最後でハノーバーがやっと攻撃チックになりカウンター1発、これはカーンがペナルティエリアを飛び出しスライディングでカット。
これで81年に作った13連勝を超え14連勝。
サブメンバーは芝でごろごろ笑顔でアップをしている。
ロスタイム無しで1-0。