CL開幕戦のメンバー、バラック欠場、マカーイ復活 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2005/09/13
CL開幕戦のメンバー、バラック欠場、マカーイ復活

バラックが月曜日の練習で競り合った際に左足首を負傷し、ウィーンでの試合に同行しないことが決定した。バラックがその後の試合も欠場するかなどについてはまだ明らかになっていない。チームドクターのハンス=ウィルヘルム・ヴォールファート氏は彼に3日間の安静を指示し、詳しい診断はその後になりそうだ。
マカーイは、チャンピオンズリーグの対ラピッド・ウィーン戦までに回復が間に合いそうだ。マカーイは代表チームでの練習中にひざを負傷したが、水曜日の試合ではメンバーに入ることができる見通し。
「疑いはない。マカーイはいつものポジションにいるだろう」とバイエルンのマガト監督はコメントした。
しかしゲルリッツは別の負傷から実に10カ月ぶりに復帰したばかりだったが、この負傷でまた4週間の休養が必要となった。ゲルリッツは2004年11月3日に行われたチャンピオンズリーグのユベントス戦でひざの十字じん帯を断裂し、その後半月板や太ももの手術を受けていた。
ラピッド・ウィーン戦が初戦となるが、ゲルリッツはこの試合に出場できない。2週間後に予定されているブルージュ戦への出場も難しいと見られている。
カーンは「チームはチャンピオンズリーグへ向けて非常に燃えています」 と語る。