バイエルン首脳陣の日本遠征の感想 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2005/08/01
バイエルン首脳陣の日本遠征の感想

へーネスは「今回の日本遠征には非常に満足しています。選手たちは親善試合2試合を通して高いパフォーマンスを見せてくれましたし、フィールド以外でも積極的に活動してくれました。本当にプロフェッショナルでしたね」 と今回の日本滞在を振り返った。
選手たちは親善試合2試合だけでなく、スポンサー関係イベント、駐日大使によるレセプションなどに進んで参加した。それに加えて個人的なスポンサー契約企業のイベント参加、CM撮影など行った選手もいた。ルンメニゲは今回の遠征を、「チームは日本のファンに温かく受け入れられました。親善試合では選手たちは高いパフォーマンスを見せてくれましたね」 と満足げに総括している。
マガト監督は 「素晴らしい経験になりました。日本は居心地も良く、私たち全員幸せな気分を味わえました」 「この4日間私たちは本当にいろいろとお世話になりました。私たちが良いサッカーを披露できたのも、全てが的確に運営されていたからだと思います」 「日本での2試合で様々なことを試し、同行したほぼ全選手を出場させることが出来ました。磐田戦に勝利して開幕戦を迎えられるのはチームにとって良い影響があると思います」 と満足げだ。
カーンは磐田戦後に 「もう痛みはなくなりました。医療スタッフの方たちに感謝しています」 と語り、開幕戦出場に問題はなさそうだ。