カーンとシュバインシュタイガーは | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2005/07/29
カーンとシュバインシュタイガーは

カーンは背中の故障だがFC東京戦後「少し背中が痛いが、よくなってきている。次の試合には出たい」と発言。
右アキレス腱を痛めているシュバインシュタイガーはFC東京戦試合前ベンチでベッケンバウアーの本を読んでいたとのこと。次の試合も欠場か。
そんな2人は何をしているかというと
ルンメニゲ会長、カーン、バラック、シュバインシュタイガーのドイツ代表3選手が28日、日本協会を表敬訪問した。
一行には、同クラブの元監督で“日本サッカーの父”と尊敬されるクラマー氏も同行した。東京五輪当時の教え子にあたる川淵会長は「これをきっかけにもっと交流を深めたい」と話していた。
表敬訪問はいいけどまずは少しの時間でも出るか挨拶ぐらいしてよ。