フリングスはどうなるのだ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2005/06/08
フリングスはどうなるのだ

スポーツ専門誌『スポーツ・ビルト』によると、ブレーメンのマネージャー、クラウス・アロフスとの交渉の際、バイエルンからフリングスがブレーメンに移籍するという話も出たようだ。ヘーネスはこの件について「フリングスが残りたいなら、われわれは何も言うことはない。出て行きたいなら交渉することになるだろう」と語った。
フリングスの移籍金額は、およそ500~600万ユーロ(約6億5000万円~7億8000万円)だと算定されている。
フリングスは、水曜日のドイツ対ロシア戦を控えており、自身の将来についてはまだ口をつぐんでいる。

今後フリングスおよびゼ・ロベルトが、バイエルンから離脱することになったとしても、ヘーネスは彼らに代わる戦力を補強する予定はないと述べた。「ようやくダイスラーやハーグリーブス、シュバインシュタイガー、ショル、デミチェリスのためのポジションが空くことになるのだから、補強は考えていない。これで中盤の選手全員がプレーできるようになる」
ちょっとそれは呑気すぎではないのか?
ヘーネスはこれにつけ加えて、2006年で契約の切れるオーウェン・ハーグリーブスおよびウィリー・サニョルとの契約を延長したいとも話した。
ハーグリーヴスは絶対にプレミアに取られないようにして欲しい。