バイエルン vs レーマン vs ドイツ代表 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2005/06/05
バイエルン vs レーマン vs ドイツ代表

バイエルン vsドイツ代表はすごいことになってた
レーマンはコーナーに向かって転がるボールを追いかける際、後ろから追いかけてきたシュバインシュタイガーに、ひじ打ち付きの体当たりをし、ピッチサイドの広告看板に大激突させてしまった。看板が破れてしまうほどの衝撃にもかかわらず、シュバインシュタイガーは無傷だったが、このプレーでレーマンには大きなブーイングが浴びせられた。
試合後、このレーマンに対するブーイングが、ドイツ代表のマネージャーのビアホフとルンメニンゲ取締役の言い争いが勃発。
「卑劣きわまりない行為だ。ドイツで行われる試合でレーマンがそんな侮辱を受けるなんてことは断じて受け入れられない。少なくともスタジアムのアナウンスからスタンドに向かってフェアな観戦の呼び掛けかけがあってしかるべきだ。(シュバインシュタイガーとの衝突も)止まらなかったシュバインシュタイガーの不要な愚行」と、ビアホフは怒りをあらわにした。
非難されたバイエルンだが、ルンメニンゲ取締役が謝るはずもなく「またしてもバイエルンのことに口を挟んできたビアホフには、そろそろ堪忍袋の緒が切れかけている。今後は関係のないことにまで口を出すな、ということだけ警告しておく。さもなければ何かが起きるだろう」と緒は切れるのか、ぎりぎり切れないのか?
レーマンは「ブーイングを浴びせられたのは悲しいし、とても残念だ」