04.07 vs チェルシー (A) 2-4 × | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2005/04/07
04.07 vs チェルシー (A) 2-4 ×

ゴール:シュバインシュタイガー(52分)、バラック(90分)
 GK:カーン
 DF:サニョール、ルシオ、ロベルト・コヴァチ、リザラズ
 MF:サリハミジッチ(46分シュバインシュタイガー)、ハーグリーヴス、フリングス、バラック、ゼ・ロベルト(72分ショル)
 FW:ゲレーロ

堅実な金持ちvs油水(湯水)のような金持ちの夢の対決。しかしこちらはマカーイが間に合わなかった。そしてピサロも怪我。ストライカーがいない。相手もモウリーニョ監督、ロッベン、パウロ・フェレイラもいない。せっかくなのに。しかしスタメンをみるとチェルシーは別に足りない感は無いがうちは全く足りない。
解説はセルジオ。スポーツ新聞のwebで「ちゃんとサッカーをしなさい」という題名のコラムで辛口だがCLではまるで孫をあやすおじいちゃんのように目がとろーんとしたような陽気さでだじゃれも1.2倍増し。
ハーグリーヴスはロンドンで嬉しいスタメン。チェルシーはアシスタントコーチが指揮をとる。
いきなりジョー・コールのボレーがルシオに当たって方向が変わりカーン反応しきれず4分で0-1。まさに不運。しかしハーグリーヴスが頑張っている。ロンドンでバイエルン唯一のイングランド代表。ドログバがリザラズの足に行ってイエロー。また退場になるぞ。
とにかくドログバよりも何が怖いってダフが怖い。ダフは凄い好きな選手だが相手にしたら最悪の選手、速いしすごいし。ランパードがハーグリーヴスに激しく行ってイングランド代表決闘。
ゲレーロが倒されいい位置でFK。ハーグリーヴス枠に行ったがツェフの正面。
今度はツェフ>ドログバ>グジョンセンのカウンターでやばかったがコヴァチとカーンで防ぐ。
ハーグリーヴスがクロスを上げたがグレン・ジョンソンがクリアのはずがこけてゼ・ロベルトに行きシュート、おしくも外れる。
ペナルティエリア前でカルバーリョのヒザでバラックが大回転。カルバーリョにイエロー。FKはゼ・ロベルト、カーブがかからず枠外し。
とにかく毎回チェルシーのセットプレイは怖くランパードのシュートはカーブがかかりすぎ。ダフが抜けてやばいところをカーンがセーブ。右のジョー・コールは速くてリザラズがいっぱいいっぱい。フリングスはランパードにボディアタックでイエロー。
ダフが倒され丸くなっている背中にボールを当てチクリチクリ。ハーグリーヴスがクロスを入れても点が入る気がしない。前半0-1。


後半シュバインシュタイガーが登場。流れが変わる期待大。そしていきなりチェルシーのカウンター。ドログバシュート違う、グジョンセンシュート違う、ダフシュートクリア。得意のパターンを崩した。
シュバインシュタイガーがいい位置で倒されセットプレイ。バラックがシュート壁、跳ね返ったところをゼ・ロベルト、今度はツェフのパンチング、その跳ね返りをシュバインシュタイガーがシュートで同点。まさにジェットストリームアタックの成功例。
セットプレイで壁をつくるのにだらだらしてたからかマケレレにイエロー。
コヴァチがジョー・コールにスイート・チン・ミュージック(後ろ蹴りみたいの)でイエロー。ドログバのシュートはカーンの正面。しかしちょっと油断したか、ドログバが今度はポストでランパードが決め60分1-2。
シュバインシュタイガーがランパードの背中を普通にたたいてイエロー。そしてグレン・ジョンソンを下げうちに来るうわさもあるフートが登場。バイエルンからイングランド代表、チェルシーからドイツ代表のねじれ現象。
オフサイド崩れでキャプテン翼に出てくる火野竜馬のような1回転シュートで70分またもランパードで1-3。
CKからなんかごちゃごちゃして1回はカーンはじくもどさくさの中ドログバが入れてまさかの1-4。モウリーニョがいなくてもこんなになるとは・・・。
リザラズとランパードがボールをめぐって押し合いへし合い。ランパードがなだめる。
ロスタイムは3分。バラックがカルバーリョに倒されPKを取る。バラック決めて2-4。ロスタイムでなんとか次につなげた。マカーイ、ピサロがいなくてチェルシーから2点とったと考えれば凄いか、とにかく次マカーイの登場を願う。マカーイ、ハットトリックしちゃってください。

あわせて読みたい