みんなの怪我 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2005/03/17
みんなの怪我

フリングスはインフルエンザだった。ゼ・ロベルトも。
サンタクルスは昨年9月に故障した右ひざの手術を受け、ようやく復帰するところまで回復していたが、トレーニング中に筋肉を負傷し2006年W杯予選のエクアドル戦(27日)、チリ戦(30日)を欠場することになった。
怪我のロイ・マカーイとメーメット・ショル (二人とも筋繊維亀裂)、アンドレアス・ゲルリッツ (十字靱帯)、ロケ・サンタ・クルス、トビアス・ラウとアレクサンダー・ツィックラー。
これからも終盤に向けてリーグ戦もCLも大変。早く回復を祈ります

あわせて読みたい