ベッケンバウアー、ダイスラーに移籍を勧める | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2005/02/26
ベッケンバウアー、ダイスラーに移籍を勧める

ベッケンバウアーは、ダイスラーに対し、移籍することを勧めた。ベッケンバウアーは、先日のアーセナル戦の際に「たまにしか試合に出場しないのであれば、このまま続ける意味がない。あまりにもプレーのチャンスが少ないと考えているなら、どこかもっと試合経験の積めるクラブへ移籍した方が良いだろう」と口にした。「ひょっとすると、レンタル移籍ということになるかもしれない。そのためには選手がそれを望み、バイエルンと契約していることが前提だ。最終的に決めるのは選手自身だ」「われわれは、セバスティアンがバイエルンにとけ込めるよう努力してきたし、大きな期待も抱いている。もしうまくいかなければ、何かほかの選択肢を考える必要がある」
マガト監督は「これほど長くけがしていれば、以前の状態まで戻すのに当然長い時間が必要になる。ゼバスティアンにも、他の選手たちにも忍耐が必要だ。私自身は我慢強い人間だ」
カーンは「バイエルンでは、レベルも高く好調の選手でさえいつも出場できるとは限らないことを彼も理解すべきだ。出場したければ、トレーニングで力を証明し、納得させるしかない」
とにかくレンタルで1年ぐらい下位チームでリフレッシュならいい、しかし完全移籍はだめですから。マガト監督も我慢強いって言っているので大丈夫でしょう。