12.19 ドイツ代表 vs 韓国代表 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/12/20
12.19 ドイツ代表 vs 韓国代表

2002年でもやった試合。今回のバイエルン勢はカーン、バラックそしてシュバインシュタイガーは今回先発。シュトゥットガルト勢も合流しクラニイとクローゼの2トップ。韓国は欧州組はほとんど参加せず。ということは日本代表より厳しいはず。
まずは16分DFがクリアしたところをシュートで韓国が先制。0-1。次はいいところでFK。バラックがシュートを決め1-1。さすがバラックというシュート。バラック自身この試合が代表50試合目とのこと。
バラックからのパスでクラニイはどフリーしかし思い切り枠をはずす、まあオフサイドだったが。前半は1-1。



後半はヒンケルが下がり日本戦で代表初デビューのオモボエラ。バラックが相手にエルボをくらいその選手がイエロー。
次は韓国の選手が後ろ向きから強引に凄いシュートで1-2・・・・・。クラニイからアサモアに。バラックが相手となぜかもめている。バラック多いなあ。
相手DFのハンドでPK。ここでバラック、なんとパンチングでクリアされる。とにかく韓国のGKはすごいセーブの連発。最終的にまた1点取られ1-3。
バラックもシュバインシュタイガーもわりと自由にうごけたんだが。とにかく韓国勢の勢いというかがむしゃらさが凄い。日本代表も中田とかいなかったがこの韓国代表も欧州組はほとんどいなかったが韓国代表はドイツ代表に萎縮していなかった。さらに号注したばかりとはいえシュトゥットガルト勢が入ったので日本戦より駒が揃っていたわけで、チャ・ドゥリもどうどうとしていて。この短期間で比較して思ったのは日本代表これじゃあだめだと。本気でやっているのだろうが韓国代表をみているとなんとなく日本代表は頼りないというか勝つ気やっているのか?この日の韓国代表は勝つ気そして代表にえらばれようと最高のアピールをしていたと思う。
しかしまさか初の黒星が韓国戦とは。