12.08 vs アヤックス (A) 2-2 △ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/12/10
12.08 vs アヤックス (A) 2-2 △



ゴール:マカーイ(9分)、バラック(78分)
 GK:カーン
 DF:クフォー、デミチェリス、ロベルト・コヴァチ、ラウ
 MF:ハーグリーヴス(75分シュバインシュタイガー)、バラック、ダイスラー、フリングス(46分ゲレーロ)
 FW:ピサーロ(46分ゼ・ロベルト)、マカーイ

今日も黒ユニ。デミチェリスとラウがスタメン。アヤックスはファン・デルファールトがベンチスタート。開始3分のうちでバラックとハーグリーヴスがシュートを打ってみる。枠は外れるが。クフォーががんばって粘りクロスを上げてアヤックスのDFがカットしたがそのボールはマカーイの正面でマカーイが1点。
トラベルシの強力なシュートをカーンがかっこよく飛びパンチング。アヤックスは若いからばらばらだがロサレスは偶然凄いルーレットをやっちまったり凄い場面は結構ある。FKからヘディングをカーンががっちりパンチング。最後までミスしなければかっこいい・・・祈る。
今日はセットプレイが多いが完全なカーン隙無し。しかし38分ガラセクのシュートをデミチェリスに当たって方向が変わってしまい同点。1-1。
コヴァチがクリアを失敗して危ないシーンも。何か凄い勢いが出てきたアヤックス、最後は怒濤の攻撃。



後半はフリングスとピサロがゲレーロ、ゼ・ロベルトと交代。
とにかくトラベルシが嫌なほど上がってきてカーンも大忙し。バッベルが抜けてやばいPK?シミュレーションでセーフ。プラスイエロー。コヴァチが後ろから思い切っていってイエロー。今度はダイスラーがシミュレーション。この審判の名かでのブームなのか?
バラックとデ・ヨングが前蹴り合いまさに格闘技になり喧嘩ムード。
コヴァチまた危ないタックル、とにかく審判に「わざとじゃねー」土下座モード。結局はFK。FKでデ・ヨングのヘッドはバーにはじかれそれをまた入れてゴール逆転・・・かと思ったらオフサイドでセーフ。
ゲレーロのキープは凄くトラベルシを完全に抑えてパス。
クフォーがミテアに取られ大変4人で追いかけたが追いつかず64分1-2。
マカーイとグリゲラがもろぶつかりグリゲラは担架で運ばれた。マカーイも心配そう。そしてアヤックスはファン・デル・ファールトが登場してきた。こっちも75分ハーグリーヴスとシュバインシュタイガーを交代。
ゲレーロからゼ・ロベルトにパスそれをクロスでバラックがものすごくかっこいいヘディングで78分、2-2の同点。
デミチェリスがロサレスに後ろから行ってイエロー。アルゼンチン人同士。
そして終了。グループリーグ突破でめでたしめでたし。

あわせて読みたい