11.23 vs マッカビ・テルアビブ (H) 5-1 ○ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/11/25
11.23 vs マッカビ・テルアビブ (H) 5-1 ○



ゴール:ピサーロ(12分)サリハミジッチ(37分)フリングス(44分)マカーイ(71分、80分)
GK:カーン
DF:サニョール(46分ダイスラー)、ルシオ、ロベルト・コヴァチ、サリハミジッチ
MF:ハーグリーヴス(35分クフォー)、フリングス、バラック、シュバインシュタイガー(28分ショル)
FW:ピサーロ、マカーイ

今日は黒ユニ。ベンチにはダイスラーもゼ・ロベルトもいる。シュバインシュタイガーの髪型がちょっと変になっている。前回のこのテルアビブ戦と違い、実力もある程度わかりホームなのでかなり高い位置で余裕のパスまわし。じらしてじらして打たない。そんなときいきなりピサロが2人かわしてシュートで1-0。
かなり遠目の位置からシュートじゃないだろってところからシュート打たれカーンもパンチングで逃げるがボールとゴールに挟まれてけっこ痛そう。サリハミジッチが「俺ここにいるよー!」とかなりアピールしてもみんな無視。
そしていきなり28分シュバインシュタイガーからショルに交代。怪我でも無さそうに?髪型に問題あったのか?パスカットしたり結構キープしたり良かったのに。
サニョールのパスが力入りすぎてバラックの腹に入りバラックダウン。サニョール苦い表情。ハーグリーヴスが相手選手と空中戦でヘッドバッド。両者流血。相手選手は包帯巻いて大丈夫だがハーグリーヴスはだめ。急いでダイスラーがアップを始めるが交代はクフォー。これは想像してなかったアクシデント。まずいねえ。しかしショルのCKをピサロがヘディングGKパンチングするもそこにはサリハミジッチの腹がありシュート。サリハミジッチやっぱ阿波踊り。これで2-0。
マカーイひさびさにシュートを打ったと思ったらあさっての方へ。どうしたんだ。ショルのCKで相手のDFのクリアをフリングスがダイレクトでシュートかなり距離があったが凄いシュートで3-0。ハーグリーヴスが怪我をしカーンも腕の調子が大丈夫なのかというときに3-0で安心。



後半になりサニョールからダイスラーに交代。相手のFKからヘディングで左下に来たシュートをカーンが凄いパンチングで逃れる。しかし2分後ぐらいカーンが相手の足に行ってPKを与えてしまい55分に3-1。
運動量も下がりショルだけ動く。コヴァチが後ろからすっと来てシュートも打つが軽くキャッチされる。ダイスラーのいい動きというのも特には無い。
混戦の中ショルも「みんな考えて動けよ」的に首を振る。そんなぐたぐたの中フリングスからのパスをマカーイがシュートで4-1。もうあとは危ないことしないようにしようという感じ。しかしショルがカットしバラックからのパスはマカーイに完全ノーマークでマカーイ2発目で5-1。マカーイ完全復活か?
ユベントスがアヤックスに勝ったので決勝トーナメント出場決定。