11.14 vs ボーフム (A) 1-3 ○ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/11/15
11.14 vs ボーフム (A) 1-3 ○

ゴール:ゲレーロ(76分、81分)、オウンゴール(82分)
GK:カーン
DF:サニョール、ルシオ、ロベルト・コヴァチ、サリハミジッチ
MF:ハーグリーヴス(67分ショル)、フリングス(80分ハシェミアン)、バラック、シュバインシュタイガー
FW:ピサーロ(46分ゲレーロ)、マカーイ

旧交を深める元ボーフムのヘリコプター。まずはベンチスタート。金ユニフォーム。曇りで6度で湿度が90%ってどんなんだ?フリングスがトップ下でバラックがボランチに。7分ハーグリーヴス遠目からシュートもGKがパンチング惜しい!。マカーイ費ともいないボールも無い全く関係ないところで1コケのパフォーマンス、ハーグリーヴスのスパイクの紐が切れたのか真っ赤なシューズの上からテーピングで応急処置。サニョールが相手DFとかなり激しい正面衝突。2人ともお互い左頬に手を当てながら笑顔で握手。かっこいい男たちだ。両チームとも相手ゴールまでは行くが決めてがなくどっちもこっちもの状態の中ピサロが抜けたがDFがカバーしてゴールならず。前半は特にみどころも無くマカーイの髪の量が多いのがちょっと気になるぐらいで前半0-0。



後半ピサロからゲレーロに交代。ゲレーロ次ぎの代表戦に招集されたらしい出世だ。相手のカラはシュバインシュタイガーにもカーンにも激しく行く勇者だなあ。51分サリハミジッチがすごいタックルしイエロー。56分にはサニョールが審判どついてイエロー。65分ボーフムの攻撃をクリアペナルティエリアから出してクリアするはずのところマカーイが豪快な空振りでクリアできず相手に1点。0-1。マカーイがディフェンスをやらない理由を証明した。アナウンサーと解説者がショルショルショルショル言ってたからマガト監督も67分ハーグリーヴスからショルに。しかしショルに変えたら変えたで1点取られた後じゃあと好き勝手。ショル入った瞬間にタックルを受け相手にイエロー。ショルのFKから相手DFのクリアがゲレーロの正面に来てそのままシュート。76分ゲレーロで1-1。
何かちょっといい感じになってきてかなり遠目からフリングスがシュートうつもGKにはじかれ惜しい。コヴァチが回転させられたぐらいのタックルをくらい。FK。ショルがシュバインシュタイガーにクロスちょっとずらしてゲレーロにこれが入ってゲレーロ2点目!。81分2-1になる。もうバイエルン余裕で攻め攻め。サリハミジッチがゲレーロにパスしたら相手DFがオウンゴール。リピートで見るとDF顔を押さえながら切ないシュート。オウンゴールでサリハミジッチまさにあれば阿波踊り。82分3-1。
シュバイン酒たーがーからデミチェリスに交代。結局ヘリコプター散々テレビカメラに映されまくっていたが離陸せず。そしてボーフムベンチに結構長くカメラがとらえる。監督は「嘘だろ?」もう嫌だ嫌だの状況。
マカーイ今度は真正面でシュート打っても自分でずっこけだめ。どうしたマカーイ今日は大ダメがハットトリックじゃないか。まあでも勝ったからいいか、勝てば官軍。