10.02 vs ブレーメン戦(A) 2-1 ○ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/10/02
10.02 vs ブレーメン戦(A) 2-1 ○

ゴール:20分バラック、75分シュバインシュタイガー
GK:カーン
DF:クフォー、ルシオ、リンケ、サリハミジッチ
MF:ハーグリーヴス(82分イェレミース)、フリングス(58分シュバインシュタイガー)、ダイスラー(52分デミチェリス)、バラック、ゼ・ロベルト
FW:マカーイ
試合開始からいきなりバラックのエルボーでファーレンホルストが出血。さらにダイスラーがタックルでイエロー。そしてリンケとスタニッチがやりあってダブルでイエロー、近くにいたフリングスは何か審判に捨てぜりふ風。序盤からかなり激しい闘いに。ダイスラーのコーナーキックをバラックがヘディングで1点。
クローゼのジャンピングニーでハーグリーヴスをKO。とにかく今日は格闘技。クローゼが抜けそうになったところをハーグリーヴスが後ろからいってイエロー。これでバイエルンのイエローが3枚、ブレーメンが2枚で前半だけで5枚。
後半は立ち上がりからひやひやカーンが危ない。そしてカーンとクローゼがやりあう。カーンがクローゼの鼻をつつくがレフェリー見てなくカード無し。これには解説の奥寺さんが怒り。バラックがスライディングで倒されボールはシュバインシュタイガーのところへ、これも決めて2点目。
80分ゼ・ロベルトが後ろから行ってイエロー。そこからフリーキックをクローゼがヘッドで決めて2-1。チャンピオンズリーグ出場しているチーム同士の対決で勝利。最後クフォーが後ろからやられた時の怒りはまさに熊のようであった。