09.28 vs マッカビ・テルアビブ(A) 1-0 ○ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/09/28
09.28 vs マッカビ・テルアビブ(A) 1-0 ○

ゴール:64分マカーイ
GK:カーン
DF:サリハミジッチ、ルシオ、リンケ、ラウ
MF:フリングス、ハーグリーヴス(82分ゲーリッツ)、ダイスラー(46分シュバインシュタイガー)、バラック(92分ロベルト・コヴァチ)、ゼ・ロベルト
FW:マカーイ

チャンピオンズリーグが開幕。すごいアウェイで最初から問題ありそうな雰囲気。イスラエルの大晦日のような時期でスポーツなどの行事はいつもはやらないらしい。しかしすごい雰囲気。特にやばそうと言うことは無し。歓声はものすごくて2万人しか入らないスタジアムだけどそれ以上に感じる歓声。今日はマカーイの1トップ。ピサロもサンタ・クルスもいないハシェミアンも今日は来ない。もしマカーイが怪我したらまずいじゃん。4-5-1でフリングスとハーグリーヴスのボランチ。
とにかくイスラエルということでみんなびびりすぎ。今日はルシオが不幸の日。まず相手のFWを止めようとしたら脇腹痛めてさらにイエロー不幸1。とにかくバイエルン攻められず。途中テルアビブの監督が映ると飲み物をこぼしている映像が国際的に。そんなんで前半終了0-0。
後半ダイスラーからシュバインシュタイガーに交代。ペナルティエリアでゼ・ロベルトに凄いタックルでPK。マカーイはアウェイの雰囲気全く関せず余裕のゴール。ルシオは最初の脇腹、顔面、腹と3回もやられて解説者にも「またルシオですね」と言われる始末。シュバインシュタイガーが入ってそして後半は結構攻める。後半37分ハーグリーヴスからゲーリッツに交代。ハーグリーヴスかなり良かったのに何で交代?マガト監督前も変な交代あったしこの人本当に大丈夫か?テルアビブの監督国際映像にまた登場するがまた飲み物を口からこぼす。興奮しているのか口に入れる量を間違っている。そして1点を守りきり勝ち点3。