AUDIがFCBを招待 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/09/09
AUDIがFCBを招待

オリバー・カーン、ミヒャエル・バラック&Co.がレース場の雰囲気を味わった。土曜日、FCバイエルンのチーム全員が、ニュルブルックリングでパートナーAUDIのDTMチームを訪問した。ミュンヘングラッドバッハのスタジオン完成記念として行なわれたトーナメントに昨日出場したフェリックス・マガット監督率いるチームは、アイフェル(ニュルブルックリング・レース場のある場所)に寄り道した。ここでは、今週末、2004年シーズンのDTM第6戦が行なわれたのだった。
レース場に到着したサッカー・スターたちは、報道陣のインタビューに応答した後、Audi社長マーティン・ヴィンターコーン氏自らに、ピットへ案内された。Audiのモーター・スポーツ・チーフ、Dr.ヴォルフガング・ウーリッヒ氏が、Audiのモーター・スポーツ・チームの仕事を短いながらも印象深く説明してくれた。その後、儀礼的に車両の受け渡しが行われ、数人の選手たちは、Abt-Audi TT-Rをタクシー代わりに3.629メートルのニュルブルックリングのコース走行を楽しんだ。
Officiai Site

バイエルンで最も勇気があったのは、ロイ・マカーイ、アンドレアス・ギョーリッツ、ピォトル・トロホフスキーとフェリックス・マガット監督だった。アンドレアス・ギョーリッツは、Audiの若手ドライバー、ペーター・テアティングと走行、その感想は:「すごかったです。レース走行がこんなにも早いとは、思いもよりませんでした。公道を走るのと比べたら、テーブル・サッカーとブンデスリーガを比べているようなものです。DTMを走るAudiのドライバーたちの実力に驚かされました。」マガット監督は:「全員が走行できなくて残念です。いいトレーニングになったと思います。」
だが、「テクニックによる躍進」は、バイエルンに一年中同行している。レコード・マイスターの公用車は、インゴルシュタット(Audi本社のある町)から提供されているのだ。サッカー選手たちの間で最も人気のあるのは、Audi A8 6.0 quattro tiptronicだ。8台も注文があった。
キーパーのオリヴァー・カーン、ミヒャエル・バラック、セバスチャン・ダイスラーとフェリックス・マガット監督などを含む計6名は、480馬力を誇る、Audi RS RS 6 plus Avant 4.2 quattro tiptronicに乗っている。他の他の代表的な機種は:Audi A4 Ambition 2.0 FSが1台、Audi A4 Cabrioが2台、Audi A6が6台、Audi S4 4.2 quattro tiptronicが1台、Audi A3 Ambition 3.2 quattro DSGが1台となっている。