マガト監督の分析「問題は、精神面」 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/09/02
マガト監督の分析「問題は、精神面」

フェリックス・マガト監督は、この質問を待ち受けていたかのようだった。彼のチームが、練習のし過ぎでレヴァークーゼンに1:4で負けてしまったのでは…多くのジャーナリストが、考えていることを、火曜日に練習の後、あるジャーナリストが質問した。マガト監督の答えは、明瞭だった。「馬鹿げたこと」と、カメラの前で、彼は笑いながら答えた。
新聞(SZ)で同じような質問をされた時、マガト監督は、「コンディションを問題視するのは、馬鹿げたことです。(中略)他のチームでは、もっと特訓を行なっていました。」と答えた。「Das ist doch Quatsch(あほらしい)」と一言、ハサン・サリハミジッチも、FCバイエルンの練習が激しすぎるのではと言う批判に答えた。
マガト監督の分析は、全く違う:「試合を(ビデオで)見直して気がついたのですが、我々の問題は、精神面にあります。対抗意識がなさ過ぎます。中途半端なんです。」
Yahoo!