イエレミース、ひざの手術で全治4週間 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/08/19
イエレミース、ひざの手術で全治4週間

イェンス・イエレミースは、火曜日にハイデルベルクで右ひざの軟骨除去手術を受けた。30歳のイエレミースの復帰は、おそらく9月半ばごろになるとみられている。フェリックス・マガト監督によると、腕を骨折しているウィリー・サニョルと頭蓋(ずがい)骨骨折のクラウディオ・ピサーロも、そのころにはチームに戻って来る見込みだ。また、足首靭帯(じんたい)損傷のピョートル・トロコフスキーと膝内側靭帯(ひざないそくじんたい)損傷のパオロ・ゲレーロの2選手も、現在は軽いウォーミングアップに参加していて、9月半ばには復帰できる予定だ。一方アレクザンデル・ツィックラーの復帰のめどは立っていない。30歳のツィックラーは今年3月に足を再び骨折し、リハビリを受けている。(C)7DC
スポナビ