バラック、ドイツ代表の新キャプテンに(ISM) | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/08/18
バラック、ドイツ代表の新キャプテンに(ISM)

現地時間16日(以下現地時間)、ドイツ代表のユルゲン・クリンスマン監督は初采配となる2日後のオーストリアとの親善試合を前に、オリヴァー・カーン(35)に代わる新キャプテンとしてミヒャエル・バラック(27)を指名した。
クリンスマン監督は「私は、キャプテンにはすべてのプレーヤーとコンタクトを取れるフィールドプレーヤーになってもらいたいと考えていた。バラックはまさに適任だと思う」とコメントした。また、新キャプテンに指名されたバラックは「僕はピッチ上であまり大きな声を出さないと、よく批判されてきた。でも僕は中盤の真ん中の選手だから、チームに影響を与えることができる。そろそろもっと大きな責任を負おうと思うんだ」と意気込みを語った。
一方、2001年にオリヴァー・ビアホフ(現ドイツ代表マネージャー)からキャプテンを引き継ぎ、以来38試合でキャプテンマークを付けてきたカーンも、クリンスマン監督と直接話し合いを持っており、今回の決定には納得済みだという。なお、オーストリア戦に招集されていたDFイェンス・ノヴォトニー(レヴァークーゼン)、アルネ・フリードリッヒ(ヘルタ・ベルリン)が週末のリーグ戦でのケガのためにメンバーから外れ、ミロスラフ・クローゼ(ブレーメン)も練習中に太ももを傷めてチームを離脱した。代わりとして、18日に20歳になるDFロベルト・フート(チェルシー:ENG)が代表初招集を受けたほか、ベテランのDFトーマス・リンケ(バイエルン)が約2年ぶりにメンバー入りした。
Yahoo!