マガトにも高配当、早期解任の予想トップは、トップメラー監督 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/08/05
マガトにも高配当、早期解任の予想トップは、トップメラー監督

オーストリア・ザルツブルクのブックメーカー『インタートップス』の予想に、ドイツ・ブンデスリーガの新シーズン、最も早く解雇されそうな監督として、ハンブルガーSV監督クラウス・トップメラーの名が挙がった。トップメラー監督に次ぐ2位には、ボルフスブルクのエリク・ゲレツ監督および1.FCカイザースラウテルンのクルト・ヤラ監督が同率でつけている。これとは逆に、昨年のリーグ覇者ベルダー・ブレーメンのトーマス・シャーフ監督に対しては、まず解任はないだろうという高配当が用意されている。
バイエルン・ミュンヘンの新監督フェリックス・マガトにも高配当の予想がついている。
昨シーズンの予想では、アイントラハト・フランクフルトのビリ・ライマン監督が、早期解任の予想トップだった。だが実際に一番初めに解雇されたのは、ボルシア・メンヘングラッドバッハのエバルト・リーネンだった。ハノーバー96の監督となったリーネンは、今回4位にランクされている。(sid)
スポナビ