「術後経過も良好」ピサロ、手術に成功 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/07/19
「術後経過も良好」ピサロ、手術に成功

クラウディオ・ピサロの吉報。先週の金曜日に「Copa America」で、頭蓋冠にひびの入る大怪我を負ったペルー人は、木曜日、ミュンヘンでの手術に成功した。「手術は成功しました。頭蓋骨の骨折部分を修正し、固定しました。患者さんの状態も良好です」と、ミュンヘン・ボーゲンハウゼン・クリニックの神経科主任のChristianto Lumenta医師は伝えた。手術は70分で終了。ピサロは「すべて順調に運べば、2週間で回復トレーニングを始めることが可能」。とりあえずはフォワード選手はあと数日間入院しなければならない。約5週間で試合に出場できるまで回復できるだろう。
Officiai Site

あわせて読みたい