サッカー=5大国敗退は国内リーグの外国人選手依存が原因か(ロイター) | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/07/02
サッカー=5大国敗退は国内リーグの外国人選手依存が原因か(ロイター)

ドイツの事だけじゃないけどとにかくドイツリーグのFW67%っていうのはどうかと思うしこれじゃあ無理だよ。バイエルンのドイツ代表計画はどうした?クローゼもとられちゃったし。
欧州選手権(ユーロ2004)で、前回優勝国フランスをはじめイタリア、スペイン、イングランド、ドイツの「5大国」が次々に敗退した事態について、欧州サッカー連盟(UEFA)のオルソン最高経営責任者は30日、国内リーグで外国人選手が多数出場していることが原因との見方を明らかにした。
準決勝に残ったのは予想外のギリシャと中位の3カ国のチェコ、オランダ、ポルトガル。
<A HREF=”http://sports.yahoo.co.jp/soccer/headlines/reu/20040701/spo/15325800_reu_00000467.html” TARGET=”_blank”>Yahoo!</A>



オルソン氏は、国内リーグで外国人選手が多すぎると若手の台頭が阻害されると指摘。5大国に選手を送り込んでいる国は、欧州最高のクラブでプレーするという恩恵を受けているとしている。
ドイツ1部リーグではFWの67%が外国人という現状に議論が持ち上がっているという。3日に行われるUEFAの役員会議では、国内リーグの外国人選手が議題に上がる。だが、実際問題として欧州連合(EU)の法律が労働者の移動の自由を認めているため、外国人選手の人数を制限することはできない。
UEFAは、国内の出身者もしくはユースアカデミー参加者を1チームに最小限度所属させるとの規則の導入を検討している。だが、ユースアカデミー参加者が外国出身という可能性もあり、問題を完全に解決できるとはいえない。