マカーイ、許可無く“用を足した”ことでピンチに | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/06/30
マカーイ、許可無く“用を足した”ことでピンチに

マカーイって面白いなあ。でも我慢はできないしね。
ロイ・マカーイの突然の生理的要求が、オランダに大きな被害をもたらす可能性があった。PK戦で勝利を収めたスウェーデンとの準々決勝でのことである。
マカーイは後半終了の3分前にファン・デル・マイデとの交代で出場した。90分間の試合が0-0で終わり、延長戦が始まる前に、ロイ・マカーイが主審や第四審判に伝えることなくグラウンドを出て、用を足しに行ったというのだ。これはFIFA(国際サッカー連盟)の規則の第12条に違反するものであり、誰かに気付かれていればイエローカードを受けていたはずだった。
しかし彼にとっては幸いなことに、主審も副審たちもマカーイの短時間の不在には気が付かなかった。マカーイは116分にカルストロムに対するファウルでイエローカードを受けたため、ここで退場となってしまう可能性もあった。結局マカーイはそのままプレーを続行し、最後はPK戦で4-4とするキックを成功させ、オランダは準決勝へ進んだ。
<A HREF=”http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20040629-00000013-spnavi-spo.html” TARGET=”_blank”>スポナビ</A>