マガット監督チームも完成 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/06/22
マガット監督チームも完成

とにかく選手は揃った、バラックも残留だろう、ハーグリーヴスもまだプレミアには行かないだろう、頼むぞ監督チーム。
—-
FCバイエルンのプロ・チームのメンバー構成が上出来で完了。次はフェリックス・マガット監督を支えるトレーナー・チームに取り掛かる。
ヨセフ・「ゼッポ」・アイヒコーン氏は、シュトゥットガルト時代と同じく、ミュンヘンでもアシスタント・トレーナーとしてマガット監督をサポート。さらに、ヴェアナー・ロイトハード・コンディション・トレーナーもチームに加わる。
<A HREF=”http://www.fcbayern.t-online.de/jp/club/archive/news/14028.php?fcb_sid=eadb5610a8090c5ffbce6c2dbbb106d6″ TARGET=”_blank”>Officiai Site</A>



アイヒコーン、1956年9月16日生まれで、ラドルフツェル出身の彼は、マガット監督の元で3年間、共にVfBで働いてきた。彼自身も以前はFCサンクト・パウリ(1993/94)とMSVドゥイスブルク(2000年3月20日からと、2000年10月16日-2001年5月31日)にて監督を務めている。アイヒコーンは既婚者で農業と牧畜を趣味で行う。
ロイトハートも同じくマガット監督の元でシュトゥットガルトで仕事をしてきた。しかし、先シーズンはオーストリアのオーストリア・ウィーンチームに従事。彼は長年にわたりシュテフィ・グラフとアンケ・フーバーをトレーニングしてきた。1995年にはバート・ゲーギングにスポーツセンターを開設。その後、ヨアヒム・レーヴの元FCチロル・インスブルクで働き、ウンターハヒング・チームをコーチした。
ニーダーバイエルン出身の彼のチームでの役割についてこう語っている。「選手達に適度な厳しさで、あらゆる面で積極的にプレイの向上を目指すのが私の役目です」