フェリックス・マガット監督、希望のイレブンを獲得 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/06/19
フェリックス・マガット監督、希望のイレブンを獲得

ヘリコプターって結構すごいんだ。でもマカーイ、ピサロ、サンタ・クルスに割って入れるのか?結局フリングス、ルシオと欲しい人みんな入れて良かった良かった。マガト監督も若手をどんどん使うからシュバインシュタイガーとかラウとかどんどん強くなっていけばいいんだよ。バラックが残ればデコはいらないし。デコよかバラックでしょ絶対。でもスタメンはどんなになるんだろう。
ゼネラルマネージャ、ウリ・ヘーネスが、「移籍を含め、私達の準備は完了した」と発言し、新たな有名選手を新メンバーとして受け入れる方針で、ファンを喜ばせたのは約4週間前。現在、公式にレコードマイスターのユニフォームを身につけることになる新メンバーが発表された。
名前を見ただけで、すべての主要ポジションに新しいメンバーが加わることが分かる。まず、新たなフォワードに、ヴァヒド・ハシェミアン。ヘディングが得意なゴールゲッターであるイラン出身の彼は、先シーズンのボーフムで16点を獲得。このことが、ノイルーラー監督率いるチームのUEFA杯出場へ大きく貢献した。
「来シーズンは、我々は再び全面攻撃に出る」と、先のタイトルを逃したシーズン後、ウリ・ヘーネスが語っていた。「新生」バイエルン・チームと共に、きっと成果が現れるに違いない。
<A HREF=”http://www.fcbayern.t-online.de/jp/club/archive/news/14023.php?fcb_sid=ec47766a6bd8e730ef2b729952c2e5bb” TARGET=”_blank”>Officiai Site</A>



ミュンヘンのディフェンスにはワールドカップの勝者が、この先、チームに安定性とゲームの輝きを与えてくれるだろう。FCバイエルンにとって、ルシオの能力は1200万ユーロの価値が十分ある。「来シーズンの新メンバー構成の中でも、ルシオは我々の重要人物になる」とカール・ハインツ・ルンメニゲ会長は確信している。

同じく、ディフェンダーというよりアウトコースを務めるのは、U21ドイツ代表選手で、地元ライヴァルチームのTSV 1860から移籍するアンドレアス・ゲーリッツだ。「彼がチームでの位置付けができることを願うよ」と、元1860選手について語ったのは、フェリックス・マガット新監督。「彼は良い選手だし面白みがある」と、マガット監督はゲーリッツ獲得に特に力を入れていた。

同じくマガット監督の強い希望で移籍となった、ミッドフィールドのトーステン・フリンクスが来シーズンのバイエルンの目玉選手となるだろう。「トーステンがバイエルンに移籍できて本当にうれしい。彼はチームの強化となる。私としてはぜひとも欲しかった選手なんだ」とマガット監督(50才)は「Abendzeitung新聞」の中でインタビューに答えている。

ミヒャエル・バラックと共にフリンクスは、現在ポルトガルで開催中のヨーロッパ選手権に出場する。二人は、ドイツ代表チームの中でミッドフィールドのすばらしいデュオを演じている。7月からからはこの二人がバイエルンのユニフォームを着てチームを成功へと導くであろう。マガット監督は、バラックがFCバルセロナからの勧誘には応えず、ミュンヘンに残ってくれるのもと確信している。「バラックが来シーズンもバイエルンでプレイしてくれるものと考えている。私達もこのことに関して理事会と首脳陣と話し合った」。監督はオリーヴァー・カーンに関しても、「あまり深刻には考えていないよ」と、彼がチームに残留すると見ている。

バラックとフリンクスはセンター。アウトコースにはゼ・ロベルト(右サイド)とセバスチャン・ダイスラー(左サイド)。このようなミッドフィールドの四重奏は、ヨーロッパ内に、他には絶対無いだろう。「とても満足している。このチームで我々は本当に大きな可能性を得た」と、マガット監督は喜びをあらわにしていた。

マガット監督の計画内では、ポルトガル代表チーム選手のDecoは、あまり重要ではなくなった。「移籍は恐らくないだろうね」とDecoの必要性についての質問に監督は答えている。Deco自身も明らかに他のチームへの移籍を決めたようだ。彼のトレーナー、Jos?Mourinho氏と同じく、チャンピオンス・リーグ優勝チームのポルトから、イギリスの準優勝チームFCチェルシーへ移籍するだろう。

「すべての話しあいを終わらせたので、後はメディカルチェックを受けた上で、契約を結ぶ。実際に契約を交わすのは、ヨーロッパ選手権が終わってからになるだろう」と、Decoは水曜日、対ギリシア戦の後に答えた。

若手選手を好んで起用するマガット監督は、現在ポルトガルで活躍が伝えられるセバスチャン・シュヴァインシュタイガーに期待している。「バスチア(セバスチャン・シュヴァインシュタイガーの愛称)の活躍はテレビを見ていても、とてもうれしいね。彼はリラックスできる選手だ。まだ恐れを知らずに周りを何も気にしていないところがある。さらに都合がいいのは、シュヴァインシュタイガーは、ミッドフィールドの中でも様々なポジションに投入できることだ」とマガット、監督は19歳の若いドリブルの天才選手について語った。

あわせて読みたい