チャンピオンリーグを振り返る | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/06/13
チャンピオンリーグを振り返る

2003/2004シーズンのチャンピオンリーグで、FCバイエルンは汚名挽回の命を負っていた。昨年、グループリーグで敗退したバイエルン・ミュンヘンしたため、今シーズンでの活躍への期待が高まっていた。「最低でもベスト16進出を果す」という目標を掲げた、バイエルンの選手と責任者達は、チャンピオンリーグの勝利も十分ありえるとの見方を示していた。結果的には、ベスト16進出という最低限の目標は果せたが、準々決勝での敗退にバイエルン陣営の失望は隠せなかった。今回、FCバイエルンの選手が国際舞台に立ったのは合計8回だった。ハイライトはやはりベスト8進出をかけた試合だろう。対戦相手は他でもないレアール・マドリッド。スーパースターが集結する「王者のチーム」はこのタイトル・マッチの最有力優勝候補だったが、少なくともミュンヘンで開催された第一試合では強豪FCバイエルンが限界を示した。
<A HREF=”http://www.fcbayern.t-online.de/jp/club/archive/news/13988.php?fcb_sid=eb16fe1828573c1943bfc09abc1f6901″ TARGET=”_blank”>Officiai Site</A>

あわせて読みたい