カーン「移籍の話はユーロの後に」 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/06/12
カーン「移籍の話はユーロの後に」

オリバー・カーンにとって一番大切なテーマは、ユーロ2004だけである。ドイツ代表キャプテンのカーンは、自分の今後をめぐる議論に注意をそがれたくないという。「新たな展開はない。とりあえずはユーロに全力を注ぎたい。ほかのことはその後だ」
34歳のカーンは先日、バイエルン・ミュンヘンで10年を過ごした今、海外に移籍することは自分にとって新たな挑戦だと話した。マネージャーのウリ・ヘーネスはこの発言に対し「カーンは今後もバイエルンでプレーすると思っている」とコメントした。
いずれにせよ彼の移籍に関しては、3000万ユーロ(約40億円)にのぼる移籍金支払いの問題がつきまとう。カーンは大衆紙『ビルト』の質問に「本当にこんな額なわけはないさ。3分の1あたりが相場だろう」と述べている。
<A HREF=”http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20040612-00000001-spnavi-spo.html” TARGET=”_blank”>スポナビ</A>

  • Category

  • キーワードで選ぶ

  • 検索はここから

    月別リスト